酒やタバコは、はげの原因か?

育毛剤でハゲ予防と対策

人にはなかなか言えないハゲ・薄毛の悩みを育毛剤を使って予防と対策をしましょう。

ハゲ(薄毛)の豆知識…その3

酒やタバコは、はげの原因か?


若ハゲや薄毛の原因の一つとしてあげられるのが、「酒・アルコール」や「タバコ」それから「夜更かしによる睡眠不足」などがあげられます。

これらは特に若いうちに経験しやすいので、普段からアルコールを良く飲んだり、タバコを吸う人は気をつけて下さい。

酒やタバコは、はげの原因か? 酒飲みや喫煙者が、必ず、薄毛になるのかというと、個人差があり、そうではありません。相当なヘビースモーカーでも大酒のみでも、髪がフサフサの人はいます。

そうなると、喫煙が直接ハゲの原因であるとは言えないという事ですよね。ですから、ストレスを感じるほど突然止める必要もないでしょう。

しかし、コレは髪が「薄毛にならない体質の人」に限ります。

薄毛体質の人が同じようにタバコを一日1箱も2箱も吸っていれば、髪はやせ細り抜けて行くでしょう。

何故なら、タバコ内に含まれるニコチンやタールの影響により、毛細血管を収縮してしまうことで、毛髪の栄養源である血液がうまく行き渡らず、結果的に発毛機能が抑制されてしまったり、ビタミンが破壊されてしまったり、イライラしたり。

百害あって一利無し…まさにその通りですね。

禁煙することで抜け毛が解消されたという事例も多くありますので、喫煙されている方は喫煙量を減らすまたは禁煙なども、効果的な対策といえます。

若ハゲが気になる人や将来ハゲそうで心配な人、自分はハゲやすい体質だと感じる人は、是非とも禁煙をお勧めします。

タバコ税も増税ばかりで、金銭的な負担も大きくなるばかりですからね。

酒やタバコは、はげの原因か?

アルコールと薄毛の関係ですが、先ほど直接の原因であるとは言えないと申し上げましたが、過度の飲酒は肝臓へ負担をかけます。

発毛を促進する物質が、肝臓でも作られるとされており、肝臓が悪くなると、その発毛を促進する物質を作る機能の妨げになってしまいます。
ですから、飲酒も適量にするのが良いでしょう。


薄毛対策や、予防のためには、頭皮の状態をきちんと把握しておくことが必要です。
自己判断で、自分に適さない育毛剤やシャンプー等の育毛・発毛ケア用品を使っても効果が現れず、途中で諦めてしまう原因にもなります。

そんな時は、専門のサロンでプロにチェックをしてもらえば、確実です。

頭皮環境をしっかりチェックして、自分にあった育毛剤を選べばより速い効果を実感出来るのではないでしょうか。
「発毛・育毛専門サロン バイオテック」だったら無料で体験できるので、迷っている方は気軽に試してみませんか?

Copyright 育毛剤でハゲ予防と対策 All Rights Reserved.