育毛の為の食生活

育毛剤でハゲ予防と対策

人にはなかなか言えないハゲ・薄毛の悩みを育毛剤を使って予防と対策をしましょう。

育毛の為の食生活

育毛・発毛に良い食事


欧米食や加工食品の氾濫で、ここ50年の間に日本人の食生活は大きく変わってしまいました。

その結果、生活習慣病を引き起こしたり、薄毛、脱毛の原因になったりしているのです。

育毛の為の食生活 髪の毛は、体の中の血中成分を反映しながら伸びていく排泄器官で、日々のミネラルバランスを記録したテープのようなものなのです。

正しい食生活の目的は、髪に栄養を与え、髪の健康を取り戻すことです。

十分に栄養が行き渡らないと、髪は健康に育つことができず、また早期の脱毛の原因となってしまいます。

ただし、髪に良い食物・栄養素ばかりを大量に摂取するのも良くありません。

重要なのは、必要な栄養素を毎日バランスよく摂取し続けることです。



毎日の食事を大切に

実は、育毛剤や発毛剤は血行促進やホルモンなどに働きかける効果のみなのです。

髪の原料となるタンパク質は食べ物から摂るしかありません。

育毛で血行促進を重視するのは、栄養を頭皮や髪の毛根に運ぶことが目的。

その肝心の栄養は食べ物から摂取していることを忘れてはなりません。

すなわち、栄養バランスの良い食事を食べてこそ健康な髪が生えて育つわけです。



髪の主成分はケラチン

ケラチンとは髪・爪・皮膚を形成する成分で、各種アミノ酸が結合してできたタンパク質のこと。

主成分というより髪の99%ケラチンとも言われているので、これを摂取せずに髪は作られません。



ケラチンを得るためには?

ケラチンを得るためには、タンパク質の食品を食べることです。

タンパク質の食品を食べると体内でアミノ酸に分解され、再びタンパク質に再構成されます。

ただし体内で生成できないアミノ酸(必須アミノ酸)も髪の生成には必要なので、それだけは食べ物から直接摂取するしかありません。

必須アミノ酸は肉・乳製品・豆類(味噌・豆腐など他)または米・小麦から摂取できます。



アミノ酸の摂取方法

アミノ酸は、食べ物から摂取しても、サプリメントや飲料から摂取しても同じです。

ただし、たんぱく質を食べてからアミノ酸に分解されるまでには時間がかかるので、その点は サプリンメントや飲料から摂取するほうが効率的で早いです。

バランスのよい食事をしっかり食べて、サプリンメントや飲料も併用するのが良いでしょう。



ビタミンとミネラルも必須

育毛の為の食生活 髪がタンパク質(アミノ酸)でできているならタンパク質だけを食べればよいと考えそうですが、それは間違いです。

髪の毛は毛根にある毛母細胞が細胞分裂し角質化した結果できたもの。

そして人間の細胞が分裂するためにはビタミンBや亜鉛などのビタミン・ミネラルが必須であります。

すなわちタンパク質を大量に摂取してもビタミンやミネラルが不足すれば細胞分裂できず、髪の毛も作られない、生えない、育たないということです。



サプリメントではダメなのか?

アミノ酸やイソフラボン、ビタミン・ミネラルなど髪を作る栄養素はサプリメントでも摂取できます。

しかし必要な栄養素を食べ物から摂取する機会が減ると、体内の正常な機能が弱くなっていきよくありません。

バランスの良い食事を食べ、その上でサプリメントを併用するならば効果が期待できます。

サプリメントはあくまで補助食品として使用しましょう。



ジャンクフードの悪影響

育毛の為の食生活 スナック菓子、ハンバーガーセット、ドーナッツ、カップ麺などの「ジャンクフード」と呼ばれるものは、カロリーばかりが高く食べれば満腹感もあり満たされた気分になりますが、その割りに栄養はほとんどありません。

これらジャンクフードで食事を済ますことは毛髪や育毛に悪影響は必至。

また髪の毛の問題だけでなく肥満や糖尿病などの生活習慣病にもなりかねませんので注意が必要です。

日常の中で手軽に口にできるものだからこそ気をつける必要があります。

1回も食べることが許されないということではありませんが、できるだけ控えるのがよいと思います。



甘い物、脂物に注意

甘い食べ物・脂っぽい食べ物を食べ過ぎると、血液中の余った糖分や脂質が皮脂腺に溜まり育毛に良くないと言われています。

そういった食べ物を食べ過ぎないように心がけましょう。

特に糖分の取り過ぎは、糖をエネルギーに変えるビタミンB1が不足し疲れやすくなります。

意欲的で健康な毎日を送るためにも気をつけましょう。



ダイエットについて

ダイエットに取り組むとカロリーを落とすためにたんぱく質の摂取が少なくなる可能性があります。

育毛の為の食生活 高たんぱく低カロリーの食品やサプリメントで補えればよいですが、例えそれが可能でも育毛発毛のためにはタンパク質以外のビタミンやミネラルも必要です。

ダイエットしながら育毛をする場合は栄養不足、たんぱく質不足にならないようにしてください。

どれが足りなくても髪は生成されません。

急激なダイエットは体にとっても危険ですし、そのような状態での健全な髪の育成は難しいと思いますのでおすすめはできません。



味噌汁に一味唐辛子を入れる

大豆イソフラボンとカプサイシンを合わせて摂取することで薄毛が改善する育毛法が注目されています。

大豆イソフラボンなら味噌や豆腐。カプサイシンは一味唐辛子や七味唐辛子。

簡単な方法で味噌汁に一味唐辛子をかければよいです。

納豆キムチ、豆腐にコチジャンなどバリエーション料理はいくらでも可能な栄養素の組み合わせです。


健康を維持するための食生活の考え方として、栄養学の分野では一日30品目という目安がありますが、これは髪にいい食生活にも共通すること。

髪にいい食べ物だからといって、単品でそればかりを食べていても無意味なのです。


いちばん大切なのはバランスよく食べること。

その上で髪にいい食べ物を知識として知っておくことが重要なのです。

いままで食に関して無頓着だった方、食べることを少しだけ意識してみてください。

髪が健康になれば、体も健康になっている証拠です。

まず、今日からできる「髪にいいこと」始めてみませんか。




人気育毛剤ランキング

少しずつでも食生活を見直し、バランスのとれた栄養を摂ることが出来たら、毛根にも栄養がしっかり届きますよね。

せっかく摂った栄養…育毛剤を使えば血行促進し、毛根まで効果的に栄養を運ぶことが出来ます。

人気ランキングで上位にランキングされたり、口コミで大評判の育毛剤をご紹介しますね。


 ranking_1  第1位 薬用 ポリピュアEX(医薬部外品)
育毛剤の効果 発毛促進、脱毛の予防をもっとダイレクトに感じたい!
発毛命令を直接毛乳頭に届けることで抜毛を防止し、
髪のボリューム感を守ります!
   ⇒⇒⇒薬用 ポリピュアEX 詳細はコチラ
効果実感まで 価 格 口コミ評価
2か月以内 ¥7,800 育毛剤の効果

 ranking_2  第2位 薬用 利尻ヘアエッセンス
育毛剤の効果   天然利尻昆布エキスをはじめ、
  21種もの植物エキスを最も効果の出る
  独自の配合比率でブレンド
     ⇒⇒⇒ 利尻ヘアエッセンス 詳細はコチラ
効果実感まで 価 格 口コミ評価
約3か月 ¥9,975 育毛剤の効果

 ranking_3  第3位 BUBKA(医薬部外品)
育毛剤の種類 「M−34」は頭皮を蘇らせる!
世界初の商品化「M−34」で頭皮を改善し
薄毛や抜け毛の予防・対策に!
   ⇒⇒⇒ BUBKA 詳細はコチラ
効果実感まで 価 格 口コミ評価
2〜3か月 ¥12,600 育毛剤の効果

 ranking_4  第4位 M−1 育毛ミスト
育毛剤の種類 酵素の力で頭皮イキイキ!
「分子ピーリング」が力強い頭皮環境へ
外側、内側から頭皮に働きかけ育毛・発毛効果を導きます
   ⇒⇒⇒ M−1 育毛ミスト 詳細はコチラ
効果実感まで 価 格 口コミ評価
約2か月半 ¥9,800 育毛剤の効果

 ranking_5  第5位 薬用育毛剤 リアルラゾン DX
育毛剤の種類 独自の発毛システムで短期発毛を確立!
ナノ化した有効成分が
長時間発毛サイクルを活性!!

   ⇒⇒⇒ RealRazon DX 詳細はコチラ
効果実感まで 価 格 口コミ評価
約2か月 ¥6,279 育毛剤の効果
Copyright 育毛剤でハゲ予防と対策 All Rights Reserved.