茶髪はハゲの原因になるのか?

育毛剤でハゲ予防と対策

人にはなかなか言えないハゲ・薄毛の悩みを育毛剤を使って予防と対策をしましょう。

ハゲ(薄毛)の豆知識…その5


茶髪はハゲの原因になるのか?



結論から申し上げますと、髪のカラーリングやパーマなどは薄毛の原因になります。

特に男性は注意しなければなりませんが、女性の方も要注意です。

パーマやカラーリング後の若者の髪の毛が、ハゲや抜け毛や薄毛の原因となっているという場合があるのですが、みなさん意外とこの事実に気づいていなかったりするんです。

茶髪はハゲの原因になるのか? 現在の40代・50代の女性に薄毛の方が増えているのは、やはりこのカラーリングやパーマが原因ではないかと言われています。

染料やパーマ液は浸透性が非常に高く、毛根の中にまで浸透しダメージを与えます。

髪が細くなったような気がしたり、張りがなくなったりしたら要注意です。

ブリーチやカラーリングが地毛にいいはずがありませんよね。パサパサの髪質になりますし毛根にも深刻なダメージを与えます。

今後、「育毛ビジネス」や「髪の悩みビジネス」が絶対に衰えないと言われる理由がこれなのです。

髪を傷め続けている今の若者が10年後、20年後には、たくさんのお客様に変身するわけです。

現代の女性は、ほとんどの人がカラーリングをしていると言われるほど多いので、後に女性の薄毛の割合が増えるなんて言われています。

女性だからハゲないなんてことは絶対に無いのですよ。

また、発毛や育毛に取り組んでいる方が、その最中にパーマやカラーリング・ブリーチをすることで、せっかくの効果を阻害している場合もあるのです。

それでは、それらは髪の毛にどのような悪影響を与えるのでしょう。

いちばん、おかしやすいミスとして薄毛になったからといって、髪の毛にボリュームをもたせる目的でパーマをかけるのが要注意です。

それでなくても薄毛で頭皮が弱っている状態なのですから、どう考えてもパーマ液が頭皮に浸透することはいい事とは言えません。

茶髪はハゲの原因になるのか? カラーリングも同じことが言えます。カラーリングが原因で薄毛が進行してしまいかねません。

特に市販のパーマ液やカラーリング剤等を購入して自宅で行う場合、特に頭皮が傷みますのでやめたほうがいいでしょう。

薬局でも簡単に安く買える、カラーリング剤やブリーチ剤も大いに抜け毛が増え、若ハゲになることがあります。

髪の毛を染料で染めるわけですが、この染料は浸透性が高いので毛根の中にまで入り込んで毛根にかなりのダメージを与えてしまいます。

明るい茶髪は最悪で脱色してから染料で染めるか、もしくは同時に脱色するのでその分、毛根にかなりの負担をかけることになってしまいます。

どうしてもカラーリングしたいということであれば、頭皮の回復処置をちゃんとしてくれる美容室、または はげ気味や育毛している人たちのためのカラーリング剤などを利用してみるといいでしょう。

いづれにしてもパーマは物理的にみて髪の毛の構成要素を破壊してしまいますし、カラーリングやブリーチも毛根や頭皮に負担をかけるので、発毛をしている方にとってはあまりオススメできません。

髪をできるだけいたわりながら、育毛・発毛に取り組みましょう。
人気ランキングや口コミで評判の育毛剤を使うにも、自分の薄毛のタイプや頭皮の状態が把握できていなければ、より良い効果を実感できない恐れもあります。

「発毛・育毛専門サロン バイオテック」で頭皮チェックと抜け毛防止ケア両方を併せて無料体験してみませんか?

自分の頭皮をしっかり知ることもできて、それまでの自己流のケアでは落としきれなかった汚れをプロの技術によって丁寧にケアしてもらえば、育毛剤を使用した時により良い効果を実感できるでしょう。


Copyright 育毛剤でハゲ予防と対策 All Rights Reserved.